2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

虎設計工房

2021年10月 9日 (土)

海外旅行アーカイブ インド

コロナ渦でなかなか海外旅行に行けません。

少しは治まってきました。

私の初海外はインドでした。

なぜか最初の国はインドに行きたかった。

「コルビュジェが見たい」「沢木耕太郎の深夜特急」の影響があった。

07

街に普通にいる。インドでの最初の洗礼。

49

動物達と共存。牛は神様の乗り物。

78

「インド経営大学」ルイス・カーンの代表作。

美しい造形。

84

「繊維業会館」ル・コルビュジェを体感した。

Photo_20211009193401

子供達が川べりで黙読。

Photo_20211009193601

「サラバイ邸」コルビュジェの名作。

106

アーメダバードの街並み。人が多い。

109

「階段井戸」下は涼しい。生活に欠かせない空間。

Photo_20211009194801

きりっとした眼。

124

どこでも人が集まっている。

Photo_20211009194901

160

「チャンディガール建築群」

Photo_20211009195201

「開いた手」

167810

「アグラ駅」直ぐにポーターが寄ってくる。

Photo_20211009195401

「タージマハル」美の殿堂。造形と庭園含めた比例が最高に考えられている。

Photo_20211009195801

Photo_20211009195802

「ファテプルシークリー」

Photo_20211009200001

Photo_20211009200002

Photo_20211009200003

またコロナが収まったらインドに行きたい。

パワーをもらいに。

 

 

 

2021年4月 3日 (土)

ありがとうタンタン

神戸市立王子動物園の人気者・ジャイアントパンダの旦旦(タンタン)が契約終了

に伴い中国の故郷・四川省へ里帰りが決まっています。

Cimg4139

2000年7月に震災復興の願いから神戸へやって来ました。

オスの興興と一緒に。

旦旦は、「新しい世紀の幕開け」と言う意味です。

Cimg4153

現在25歳。人間で言うと75歳。

新型コロナウイルスの影響で四川省を結ぶ直行便が停止で、

帰国の目処が立っていません。

目処が付き次第約1週間の検疫期間を経て

故郷の「ジャイアントパンダ保護研究センター」へ帰ります。

Cimg4150

たぶん小学生以来の久しぶりの王子動物園。懐かしい。

Cimg4127

このご時世の中でも動物たちは元気に動いていました。

Cimg4145

愛くるしい動物達。

広い園内では蜜になりにくく、ゆっくり動物達を観て廻るのは

楽しいですね。

Cimg4140

カバは意外と大きい。哺乳類最強説は当たっているかもしれません?

Cimg4138

なかなか遠出しにくい「緊急事態宣言下」「まんぼう下」

動物園はなかなかいいですよ。

震災後の神戸を元気付けてくれた旦旦もうすぐお別れ

寂しい。ありがとう。中国へ帰っても元気に長生きしてね。

Cimg4136

 

 

 

2021年1月 8日 (金)

2021HAPPY NEW YEAR

      謹賀新年

 Img_20201222_0001

  新年あけましておめでとうございます。

  本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Cimg4569

インドのデリーでたまたま見つけた牛模様の建築

(在インド英国領事)

実は白大理石で菩提樹を表したデザイン

設計チャールズ・コレア

早く

コロナが終息してまたインドに行ってみたいです。

 

 

 

 

2020年11月12日 (木)

火の玉ストレートよ永遠に!

とうとうこの日が来てしまった。

2020年11月10日

甲子園球場巨人戦最終戦

藤川球児引退試合

野球ファンが何度あの火の玉ストレートに興奮させられたのか!⚾

もう来年から見る事が出来ないのは悲しい。

2万1392人(サンキュージ)のファンで埋まった甲子園球場。

9回が待ち遠しくて、最後が来てほしくない感覚でしょう。

Cimg9749_20201114170401

あの場に居たかった。

12球全て渾身の直球でした。坂本も中島も見事な全力のフルスイング。

引退セレモニーでの清原からのメッセージは良かった。

「自分の野球人生の中でバットを振ってバールが上を通っていくのは初めて。本当に完敗です。」

巨人戦で藤川はフォークボールで清原から三振をとった。それに清原は激怒した。

次の対戦では直球で三振をとった。清原「まるで火の玉やった!」

藤川がこの球のことをメッセージで

甲子園の大応援とチームの想い、全国のタイガースファンの熱い想いが全て詰まっており打たれるはずがありません!

ファンに対する感動のメッセージである。

Cimg2213

現役最後の1球が感動しました。受けるのは矢野監督。

2010年9月30日甲子園での横浜戦・矢野の引退試合。

2点リードの9回に藤川が逆転2ランをあびて2アウトから出場予定だった矢野捕手は出場なし。

悲しい引退試合となりました。

私は、外野席で最後、矢野と藤川がマウンドで抱き合うシーンを観たかったので辛かったのを覚えています。

10年越しの1球でした。藤川球児最後のストレート。

甲子園でもう「every little thing every precious thing」はもう聴けないのが寂しい。

「俺たちの誇り 球児」

たくさんの夢をありがとう 藤川球児‼

 

 

 

 

2020年5月 4日 (月)

ことばの勇気

新型コロナウイルス感染症早く終息してほしいですね。

緊急事態宣言が5月31まで延長になりました。

皆がやるべきことをやるしかないですね。 

コロナウイルスに最前線で戦っている医療・介護従事者に心から感謝しております。

大好きなプロ野球も開幕延期中。

ラグビーもサッカーもウインブルドンも何もかも中止。

スポーツ好きにはコロナウイルスが憎い。

Dsc04285

インターハイも中止。高校三年生にとっては無念でしかない。

高校野球、夏の甲子園(選手権大会)も開催は微妙なところです。

春の選抜大会も中止でしたし、甲子園球場はきっと悲しんでいるでしょう。

全国一斉『stay home』のなか

本や音楽で元気が出るワードを栄養剤にしましょう。

高校野球から過去の名勝負の映像を観るのが楽しい。

Cimg3837

愛媛の私立済美高校の学園歌がグッときます。

済美高校は2004年選抜大会でなんと!史上最速の創部2年目で初出場・初優勝!

校訓:やればできる

学園歌「光になろう」

  ・・・・・

 「やればできる」は魔法の合いことば

 腕をとり肩をくみ信じてみようよ

 素晴らしい明日が展けるから

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月 9日 (木)

2020謹賀新年

2020年、新年あけましておめでとうございます。

毎年恒例の淡路島・伊弉諾神宮にお参りに行きました。

この地は国生みの地として知られています。

伊弉諾神宮は「古事記」「日本書記」に創始の起源を記す日本最古の神社として知られています。

Cimg4103_20200109165401  

「大鳥居」花崗岩で出来た白く輝く。島木を設けず貫を左右に突き出さない造りは

「神明造」の特徴です。

Cimg4115

「正門」一間一戸四脚門の檜皮葺に煉瓦を配しています。

Cimg4108

「拝殿」銅板葺入母屋造。ここまでは一般の人が入れます。

Cimg4107

「本殿」檜皮葺三間社流造。

Cimg4109

「伊弉諾神宮」は北緯34度27分23秒にあり同緯度上の東に「伊勢神宮内宮」、

夏至の日の出方向には「信州諏訪大社」、日没の方向には「出雲大社」「日御碕神社」

の線上となっています。

伊弉諾神宮を中心とした太陽の運行線上に重要な神社があります。

不思議ですね~!

Cimg4114

「夫婦大楠」樹齢900年。元2株が結合して成長したことから

伊弉諾大神、伊弉冉大神の二神が宿るご神木として祀られています。

伊弉諾神宮境内は白玉砂利が敷かれており歩くたび程よく快い音が響く。

兵庫県唯一の「神宮」として厳かでゆっくり参拝に適した神宮です。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

2019年12月 9日 (月)

旧甲子園ホテルライトアップ

毎年恒例の武庫川女子大学甲子園会館ライトアップを観に行きました。

旧甲子園ホテル(1930完成)。西の帝国ホテルと呼ばれていました。

現在は武庫川女子大学建築学科の校舎です。

Cimg4099

設計者はフランク・ロイド・ライトの弟子遠藤新。 

Cimg4074

テキスタイルブロックや、竜山岩の装飾彫刻など帝国ホテルと類似のデザインと材料を使用しています。

Cimg4078

広大な敷地内に来年開設予定の「景観建築学科」の新校舎が建設中です。

Cimg4098_20191209182401

地元の人たちが多く来ていました。

館内では学生の演奏やダンスのパフォーマンスが行われていました。

Cimg4087

西ホールの天井。和風の照明。

Cimg4051

甲子園会館と別棟「建築スタジオ」は2年生以上の学生達が学んでいる。

設計課題の作品が展示されている。

日本建築学会主催の学生の本年度のコンペ「銀茶会の茶席」の実物大の茶室。

Cimg4046

武庫川女子大学修士2年生の作品「透綾(すきや)」

優秀賞(第2位)になりました。

Cimg4050

下部は木質繊維板、壁+天井は半透明のプラスチック中空板で出来ています。

外観は真四角。中に入れば壁・天井は曲面を成しています。

Cimg4045

折り畳んで自由に移動できます。3時間位で組み立て可能だそうです。

Cimg4049

床は畳の小上がりです。床の基礎は紙管です。

地域に根付いた学校・建築は素敵ですね。

 

2019年11月15日 (金)

光の教会

光の教会(茨木春日丘教会)を久しぶりに訪れました。

安藤忠雄の初期の頃の名作です。

Cimg3952

数年前に何回か訪れました。その時は予約無しで見学できました。

現在はHPで予約を取った者のみ見学可能です。

人気の教会です。3ヶ月先まで予約満杯です。

Cimg3953

茨木市の閑静な住宅街に位置する教会です。

Cimg4007   

建築は、打ち放しコンコリート6.28m×18m×h6mの直方体の箱に

15度振れた斜めの自立壁が貫入したシンプルな構造。

この斜め壁がエントランス部分と分けています。

Cimg4014

Cimg4022

北側の壁を突き抜けている。

安藤建築は見えるところは大体竪樋2本だ。

Cimg3988

入口部分。斜めの壁に沿って堂内へ導かれて行く。

Cimg3888

1/10の模型。

Cimg4012

暗闇の空間に光の十字架が劇的に堂内に浮かんでいる。

感動的である。この光のみ存在している。

当初は通路は両側の壁沿いだった。中央に変更し長椅子を両側に分け、光を床に伸びるようにした。

人々の動線と視線は十字架に向く。

Cimg3962

床は十字架に向かって階段状に下がっている。1m下がっている。

床材は工事用の杉足場板。椅子も。オイルステイン仕上げ。

床と椅子の質感はこの空間に合っている。

Cimg3964

安藤忠雄は、本当はこの十字のスリットにガラスをいれたくなかったそうです。

ローマのパンテオンの光も風も雨も直接入ってくる天窓のイメージか。

Cimg4013

光の十字架の十字架の壁の対面する北側にオルガンが置かれている。

斜めの自立壁と天井・北側壁の隙間、入口の開口部から光が僅かにもれるのがこの礼拝堂の象徴的な空間を表現する。

隣に「日曜学校」がある。礼拝堂との関係がよく分かる平面模型。

Cimg3889

Cimg3991

こちらも1階部分のみ見学可能。

Cimg4026

予算が大変厳しい中だから出来た、

そして施主、建築家、施工者の思いを十分感じ取れる建築だ。

これ以上シンプルにできないところまで質素で、

堂内に入ると気持ちが昂る、または落ち着く名建築だ。 

Cimg3893

 

 

 

2019年9月29日 (日)

ラグビー美しき波乱

2019年9月28日

W杯にまた日本ラグビーの歴史的快挙が刻まれました!

予選リーグA組「日本VSアイルランド」

優勝候補の一角世界ランク2位(大会直前までは1位)の強敵

との一戦である。試合前は「どこまで通用するか?」と善戦を期待していましたが

前半9-12で「もしや勝てるかも!?」

スクラムでも負けていない。後半も走り勝っている。

相手の方が疲労が濃く足が止まっている。

福岡のインターセプトでほぼ勝ちを確信しました。

Cimg3950

この試合、

ほぼ完ぺきなディフェンス。

早い出足が相手のミスを誘った。

綿密なゲームプラン(後半にリーチを投入)

4年前はW杯2勝目24年ぶりの勝利「ラグビー史上最大の大番狂わせ」

と言われた。今回はもはや奇跡ではない!

感動は試合後に待っていた。

敗れたアイルランドチームが先に観客席に挨拶を終え花道を作って日本を拍手で称えました。

その後日本もお返しをしました。ラグビーならではのノーサイドの精神!感動的です。

これが今ネットで絶賛されています。

この勝利と日本開催での盛り上がりを一番喜んでいるのは平尾誠二かもしれません。

Cimg3904

次戦は強敵サモア。

感動がまだまだ続く日本列島。

決勝トーナメントで活躍する日本ラグビーが待ち遠しいですね。

2019年8月12日 (月)

青春の青リンゴ

兵庫県立美術館に「Ando Gallery」が開館しました。

安藤忠雄設計のこの美術館に以前は安藤コーナーとして小さな展示スペースが設けられていました。

Cimg3885

グレーの部分です、2階、3階の2層で、既存の石張りの壁に床と屋根を掛けて

Cimg3870

増築しています。青リンゴも新たに設置。

Cimg3866

鉄骨造で床をこの壁に架け、美術館のアプローチ部は片持ち梁で張り出す2階。

Cimg3878

壁と増築鉄骨床との取り合い。

独立した壁があったのでこの増築を可能にしました。

Cimg3897

内部は壁に寄り添うように3階の床が増築されており、その壁を中心に展示計画されています。

Cimg3900

「3階企画展示スペース」既存壁に開口部を設けている。

空間に広がりを付けている。

Cimg3910

イタリア・ベネチアの「プンタ・デラ・ドガーナ」の模型。

Cimg3917

階段を上がった突き当りは本の壁になっている。

Cimg3923

最高の仕上げの壁だ。この本棚は下の方の安藤忠雄本は手に取って自由に読める。

Cimg3948

4階オープンスペースから見た「3階展示スペース」

Cimg3887

「光の教会」の1/10のコンクリート製の大きな模型。

安藤建築の中でも私の一番好きな建築です。

Cimg3881

「美術館とその周囲の水際広場と想いを込めた青リンゴの模型」

Cimg3914

南側に神戸港と青リンゴのオブジェが見える。

Cimg3939

3階屋外デッキにある話題の「青リンゴ」。

米国詩人サミュエル・ウルマンの「青春の詩」の中で

「青春とは人生のある期間ではない、

心のありようなのだと謳いました。

失敗を恐れることなく困難な現実に立ち向かう挑戦心。

どんな逆境にあろうとも、夢をあきらめない心の逞しさ。

身体・知性がいかに年を重ね。

成熟しようともこの内なる若さをさえ失わなければ

いつまでも輝きを失わない、永遠の青春へ--

目指すは甘く実った赤リンゴではない

未熟で酸っぱくとも明日への希望に満ち溢れた青リンゴ」

Cimg3875

既存の空いているスペース+壁を有効に利用。

免震建築物の増築は珍しいとのことだ。

注目の青リンゴのオブジェで新たなシークエンスを造る。

 

 

 

 

 

 

«環境共生住宅・日本の住宅の理想形「聴竹居」